ひび!

2ヵ月半ほどまえから「首が痛い」とときどき言うようになったカナエ。
しつこく言うわけでもなく、すごくつらそうなわけでもないので様子をみていたら、言わなくなりました。
と思っていたら、1月後半からまた言うようになり、「疲れると痛くなる」と言うので整体の先生に相談したところ、「この年頃の子にわりと多い症状で、転んだりしたときに首に何かの衝撃があることがあるからレントゲンを撮ってみるといいです」とのことでした。
今日、整形外科に行ってみると、「首が痛いの?え!3ヶ月前!?」と言って、難しい顔でカナエの首を触りながらいろんな方向を向かせては「痛い?」と聞き、レントゲン4枚撮ってもらいました。
再び診察室に呼ばれて行くと、先生は難しい顔でひたすら4枚のレントゲンをPCで見比べてしばらくたって、「首の骨の1番目と2番目の重なっているところにひびが入っていました。」と衝撃の言葉。
「でも、自然についているので、痛みに関してはストレッチをして和らげましょう。」とのこと。
首の骨にひびが入っていたなんて、本当に驚きました!
診察室に呼ばれてから、話し終わるまでの緊張と言ったらなかったです。
「よくついたな~」とつぶやいていたので、かなり運がよかったようです。

実は「首が痛い」と言うようになる少し前に幼稚園で鉄棒をやっているところで後ろからお友達に押されて頭から落ちたと言っていたことがありました(そのことは先生が見ていないときに起きて、見ていた周りの子達が怒ってやった子に謝らせたということでした)。
痛いと言うようになったときに「鉄棒から落ちちゃったからじゃない?頭から落ちちゃうと首が痛くなっちゃうことがあるかもしれないけど。」と言ったのですが、1週間くらい経っていたし本人が「鉄棒から落ちたのは関係ないの!」と言うので、また別の痛みなのかな?と思いながら様子を見て今に至っていました。
「首の筋肉にもかなりの衝撃があったでしょう。今もかなり負担がかかっています」とのことなので、カナエには早く診察に行ってあげなくてかわいそうなことをしてしまいました。
でも、よく考えると自然についていたのは本当に運がよかったです!
もし、鉄棒から落ちてすごく痛みを訴えていたら、すぐに診察に行っていたし、骨にひびが入っていたとなれば、首を固定しなければならなかったそうですし、幼稚園にも相手のほうにも連絡したら、それは大事件になっていたでしょうから。
そして、そんな騒ぎになればカナエにも相手の子にも大きな負担になっていたでしょうし。

カナエはほんとにいいお姉ちゃんなのです。
3姉妹の真ん中で妹とは年子だったために、妹に対して「かわいがる」という意識が全くなく、双子のような感覚で育ったわたしにはそのお姉ちゃんぶりには感心してしまうことがよくあります。
そんな一コマ。
e0131675_0524747.jpg

あまり歯磨きが好きではなかったカズシですが、これ以来かなりちゃんと歯磨きをやらせるようになりました。
一緒に洗面台で口をゆすぐのを手伝ってあげたりと普段からほんとによくお世話してくれます。
ありがとね。

カズシはずいぶん知能面が成長してきました。
一昨日はこんな力作を作りました。
「でんしゃ」だそうですよ。
e0131675_0591254.jpg

今日はカズシのくまたろうをココに入れてとパジャマのズボンを広げて示し、入れてあげるとジャンプして「かんがるー」と言っていました。
おもしろそうなのを見て、さっそくカナエも真似していました。
e0131675_113597.jpg

でも、少し困っていることがひとつ。
カズシが「わたし」と言っているのです。
お姉ちゃんがいるからしょうがないよね~と思っていましたが、あまりに普通に頻繁に使うので、さすがに最近は直しています。
by kanae_lucy | 2013-02-02 23:58 | カナエ&ルシオラ | Comments(6)
Commented by mugi at 2013-02-04 11:57 x
びっくりしました。
首、とは。くっついて本当によかったです。何が起こるかわかりませんね。この後も治療があるのですか?本当に本当にお大事に。
カズシくん、わたし、ですかー。おねえちゃんから沢山のこと吸収してますね。息子は、~だわ、と語尾が女言葉になることがあります。なんでだろ。
Commented by kanae_lucy at 2013-02-04 16:33
mugiさん♪
そうなのですよ。
普通に思いっきり遊んで、プールにも通っていたので、まさかひびが入っているとは思いもしませんでした。
子どもの骨はけっこう折れやすいのだそうですよ。
整形外科はストレッチと痛みのあるときに冷やして痛みがとれなかったら、また来てくださいとのことで、通院なしです。
そもそも骨がずれているか何かだと思って整体に行くつもりだったのですが、この結果を元に近いうちに整体の先生に診てもらう予定です。
カズシの言葉は基本的にカナエのまねっこなので、ごはんよ~とか言っています。
ママと接することが多いから、男の子でも女の子っぽくなることは多そうですよね。
でも、~だわ、はmugiさんも使ってなさそうなのにね。
いろんなところから吸収しているのですね。
Commented by ブルーノルトママ^^ at 2013-02-04 18:06 x
なんだかけなげで泣けてきちゃいました。
きっとものすごく痛かったでしょうに・・・・
よく我慢していたものです。
鉄棒は関係ないって言ったのはお友達をかばっていたのかな??

本当に運が良くてよかった!!!
整体の先生がたいしたことがないと簡単にすませずに
レントゲンをすすめてくださってよかったですよね。

かなえちゃん、ちゃんとお姉ちゃんしてるんですね。
でも、ちゃんとお姉ちゃんをやろうと思うあまり
たくさん我慢していたり、がんばりすぎないように
ときには、う~~~~~んと甘えさせてあげなきゃねヽ(^o^)丿
Commented by チョコラまま at 2013-02-04 21:17 x
カナエちゃんの首、はやく完治しますように!

子供のけがや病気の時の痛みなどの状況や様子を子供から聞くのって、難しくないですか?
私なんて、未だ、中学一年のみっきーから
様子や状況をきいても、 把握しにくくて
困ります。
子供同志での怪我させた、怪我したなどで大事に至らなかった事のルシママの気持ち、よくわかります。
うちもそんな事がありました。
うちの場合は立場が逆でしたが…。

子供を育てているとほんと、いろいろありますね。
うちはルシママさんところより子供が大きくなったので、
今は、うちの子供らがこれから大人に近づいて行く中で、1人でも生きて行く力をつけていってほしいと日々、奮闘中です。

ため息ついてしまうばかりで大変です。


カナエちゃんのお姉ちゃんぶり、いいですね!
Commented by kanae_lucy at 2013-02-04 23:13
ブルーノルトママ^^さん♪
ちゃんと気づいてあげられなくて、わたしもほんとに申し訳ない気持ちとホッとした気持ちといろいろ入り混じって診察結果に複雑な思いをしています。
鉄棒で押されてしまったのは、とても悲しくて悔しいことだったようで、それで「鉄棒と関係ない」と言ったのではないかと思っています。
あんまり蒸し返すのもかわいそうかなと思ったところもあります。
整体の先生は症状にピンと来たのだと思います。
信頼できる先生がいるのはとってもありがたいことですね。

カナエは根っからのおねえちゃん気質なようで、「おねえちゃんがやってあげるよ」とよくお世話してくれています。
なるべくお礼を言って、いっぱいほめるようにしていますよ~
Commented by kanae_lucy at 2013-02-05 00:09
チョコラままさん♪
ありがとうございます。
そうなんですよね。どの程度の痛みなのかがわからないので、対処が難しいです。
今回はなんだか痛い~という感じで、ムチ打ちみたいな痛さなのかな?と思っていたのですが…

実は今回押された子にはカナエが噛んだことがあり(意地悪をされて、怒って…らしいのですが)、そのときはすごく焦りました。
幼稚園で相手のお母さんに会ったときに謝ったら、相手の子のほうが「いじわるしちゃった」と言っていたとのことでおさまりましたが、もし大怪我させたとなったらどうしたらいいかわからないです。
なので、今回は正直いろんな意味でホッとしました。

子育ては小さいときには小さいなりにいろいろありますが、大きくなると難しいことが増えるのでしょうね。

カナエおねえちゃんにはほんとにいっぱい助けてもらっています。
カズシもおねえちゃん大好きですよ。
<< プリンセス? おっちょこちょいの嵐… >>